カテゴリ:制作風景 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポラ額縁作成プロジェクト

構想から約1ヶ月……折折倶楽部のオリオリさん宅へ先日作品搬入してもらうために置いてきました。

長かった…そして駆け足のようだった10月でした…orz。

えっ?何を作っていたのかって?
それは、来月12月2・3・4日に折折倶楽部グループ展を旧本郷町にあるyuinobaさんのカフェでやるのですが、そのカフェの壁面を飾る額縁です。
ま、壁の賑やかしってとこですww

普通の額縁だったら買えば良いんですがねぇ…ポラロイドフィルムの額縁ってなかなか売ってなくて…。
しかもオイラの考えてる展示方法の額縁って売ってなくて。

そういう経緯があって自分で作成してました。

まずはイメージする額縁の設計図引き。
1つの額縁に入れるポラフィルムの数は横4枚×縦5枚の計20枚。
それを5つ作る。

100均やらホームセンターやらで、いろいろと材料購入。










んで、ノコギリ使ったり、トリマー使ったり、ドリル使ったりと格闘。

溝彫ったりするのって結構難しいねぇ。

普通の額だと内側にマットを使うのですが、今回はマット代わりに木枠を作成。
これがけっこう大変。








5つ作成予定でしたので、1つの額に4枚……計20枚。
がっくしw

ポラロイドフィルム用の額を作成するのですが、それだけじゃやっぱりつまらないですよね?
せっかく自分で作るんだから、いろいろと使えるような可変構造にしたいじゃないですが!!




……ということで、額の中枠を固定する方法をとらずに組み込み式に。
↑固定すればもっと簡単にしあがったはずなのですが、あえて面倒くさい方向性へ突き進んでしまいました。
ま、最初にめんどくさい事を処理しておけば後々楽になるかなぁって。


まぁ、作成作業の合間にもいろいろと遊びに行ったり、携帯もiphoneになったりいろいろありつつ、ちょいちょい進めていたのです。





仮組して穴位置を微調整したり、スライド溝の深さを均一にしたり。

マット用木枠は水性塗料でぬりぬり。
基本塗装は2度塗りがデフォなので、塗っては乾くのを待ち塗っては待ちの地味な作業。
塗り終わりの〆はこれまた透明ニスでコーティングするという、絵にもならない作業。





大枠の外枠も塗る作業に入り、こちらはマホガニーの油性塗料仕上げに。
この油性塗料ってなかなかやっかいで、ふちの部分にたまって固まりやすい。
それを乾いた後にカッターで削ったり、紙ヤスリでならしたり……地味すぎて泣ける。

そして一番時間とるのは、やっぱり乾燥。
油性塗料って夏場でも4時間、冬場となると6時間もの待ち……しかも全面でなく2面ぐらいずつしか塗れませんからね。
連日塗装の毎日でシンナー吸いすぎてフラフラw

塗料も塗り終わり、また仮組……再度微調整の繰り返し。

釣りひも用の金具取り付け。
縦用と横用の金具を付ける。




やっと完成したよぉ~~~~~っ!
こんなんが5つ。
ということはポラフィルムが100枚飾れる算段です。

さて、ポラ用の額縁で終わらないのが今回の額縁プロジェクト。




どういうことかというと……中の木枠3本が取り外し可能!
ですので、必要な枠だけ残して、それ専用ににマットを作れば……ポラフィルム以外の写真も飾れるってことです。

真ん中だけ残して、上下に2つ大きめの写真も入れる事も可能!
ポラフィルムとパノラマサイズの写真のコラボだってできちゃう♪
中の木枠全部外せば、だいだい40cm×40cmぐらいの大きめ真四角写真だって飾れる!!

約1ヶ月かかりましたが、自分では大満足の額縁になりました。
あんまり計算してないけど1万弱ぐらいで制作できたのではないかなぁ。

そして大量に撮りだめてあるポラの中から100枚選出して、額におさめました。

入れる写真のトーンを揃えるのにすっごい苦労しましたよww

オイラのポラって赤い被写体よりも青い被写体が多杉w

搬入は来月の木曜日となるのですが、オイラ仕事で行けませんのでオリオリさんに託してきました。

どんなポラを入れたかは会場で見てください。

折折倶楽部グループ展vol.4は12月2・3・4日の3日間やってますが、オイラは最終日4日(日)のみ、皿洗いと接客にてお待ちいたしております。
スポンサーサイト

近況報告

 皆様いかがお過ごしでしょうか……オイラはなんとか生きてます(笑)
 ブログを放置して作っていた、カメラのオブジェ達も一段落……。
 ようやくペン画水彩画の製作に入りました。

 今回のカメラオブジェ展はオブジェとペン画水彩画の2本立てです。
 写真展ではないので、写真は一枚もありません(笑)




 カメラオブジェ21点分のペン画……畳にばらまいてみました。
 ここんとこ……っつーか数ヶ月もの間オブジェ制作ばかりで絵を描いていなかったので、少し不安もありましたが……不思議と体が覚えているんですねぇ。
 下書き無しでスイスイ描けちゃいました(笑)
 下書きしないのが、ペン画の醍醐味ですね。

 さぁ~てこれからこの子達の水彩着色を仕上げねばならないなぁ。


もう秋の気配が漂ってますね……HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

意外にしっかりやってます♪(笑)

 先日、無事にプレス用DM発送は終わりました。
 なんとか間に合ったよぉ~。

 ちかれた……。

 ……と、DM発送作業ばかりに時間を費やしている場合では有りません。
 同時進行で可動しないカメラオブジェの方も作っておりました。

 激忙しス!!!!




 さてさて、出そろいましたよ。
 計11台のベース!!
 紙粘土をテキトーにペタペタしている訳ではありません。
 基本はしっかりと作っているわけです(笑)




 さてさて、これからが本番です。
 創作活動に終わりは無いのです(笑)
 


梅雨明けはまだですかね?HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

速写ケース付きのSX-70



 速写ケース入りの2台のPOLAROID SX-70………。

 まぁ、1台はもともとあったやつで……。

 もう1台は……。

 いや、買ったわけではなく……。




 もらったわけでもなく……。




 オブジェです(笑)




 可動するカメラオブジェ第9弾は「POLAROID SX-70」デツ(笑)
 



 ついにキターヨ!
 可動するカメラオブジェの真骨頂!!!!

 この子を作るのは、オイラレベルがあがってから!って決めてたから!
 オブジェを作り始めて早8ヶ月目……ついにこの日がやってきた。

 当初からこれは作りたいなぁと思っていたのですが、なにぶんオイラの腕がついていかないだろうと思い後々まで残しておりました。
 そしてついに着手。
 
 それでも半べそかきながらの進行状況でしたが(笑)
 
 それでははりきってドーゾ♪




 可動という事でファインダーカバーの部分も引き出せます(笑)





 ファインダー……下に隠れているポラロイド写真の撮り方英文解説も再現。 
 本当だったら本体蛇腹の中に仕込んだミラーも見えるはずなのですが……まぁ、そこは割り切ってもらって(笑)
 運が良ければ見えるかも??




 動くけどもちろん意味は無い、明暗ダイヤル。 




 ポラロイドのフィルムパックを入れる部分も、当然の事ながらオープンです!




 中のローラーとフィルムパックも見えます。
 ちなみにフィルムパックを引き出すベロのシール(ローラー裏の白い部分)は本物を使用しています。←意味の無いこだわり。
 あ、でもフィルムパックは引き出せません、あしからずm(_ _)m


 それでは可動するところの証明を……。









 中に仕込んだミラーの厚みとスプリングの反発で、完璧には閉じないけどね(笑)

 このSX-70カメラオブジェは、たぶん一番壊れる確率が高いなぁ……二番目に壊れる予想はPOLAROID LAND 95bだろう……あの子も可動部分多いから。
 だってPOLAROID社のポラカメラ、仕組みが複雑すぎる分紙粘土では強度が保てない(泣)
 まぁ、材質が段ボールと紙粘土だもの……壊れて当たり前なのさ♪
 展示開催の時には、どーぞどーぞお手に取って見てくださいね。
 壊れても文句は言いませんから(笑)

 それにしても半世紀もの時代を超えても色あせないデザインのカメラを作ったPOLAROID社って、改めてすごいなぁと思う次第です。
 




 風にそよぐ速写ケース……。

 オブジェ用のSX-70速写ケースは合皮と段ボール、厚紙で再現。
 本当は本物の速写ケースに入れる予定でしたが、1cm程厚さがオーバーしたので泣く泣く自作です。
 本物同様肩から下げられます(笑)




 ↑昨年夏の写真展で作成した“可動しないカメラオブジェ”……。
 あれから一年弱……念願だったSX-70のオブジェを可動させました……感無量。


 さてさて、それにしても可動するカメラオブジェをたくさん作って来たなぁ……。

 ・Retina ?C
 ・HASSELBLAD 503C/M

 ・Rollei flex 2.8F
 ・POLAROID LAND 95b
 ・Rollei 35
 ・Leica M3
 ・NIKKON F
 ・HASSELBLAD SWC
 ・POLAROID SX-70

 真冬の1月から着手しているのに……今は真夏の8月……仕込み長いわ、オイラ(笑)←って、まだ仕込み中だってば!
 いやぁ~難しかったわぁ。
 1個作るのに2~3週間かかるからねぇ。

 本当なら可動するカメラオブジェを10台揃えたかったのですが、諸事情有りと時間的余裕が無くなってきたので、とりあえず次の“可動しないカメラオブジェ”の作成に移りたいと思います。
 こちらは可動オブジェのようにカッチリキッチリではなく、もっと“遊び心”のあるものを作る予定です。
 まだまだいろいろ作らなければならないので、時間があれば最後にでも“可動するカメラオブジェ”を作りますねぇ。


梅雨明けはまだですかね?HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

HASSELBLAD SWC















「動く」「動かない」とか…「写る」「写らない」とか……関係ないっす!

……だって、オブジェですから(笑)




 眠いので寝ます…zzzzz。



今年は雨が少ない梅雨ですね、HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。