カテゴリ:車改造 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブバッテリーシステム

プチ軽キャンパー作成からはや3年です。

最初の時点で取捨選択して一気に作り込んでしまったので、後は不都合がある旅ににポツポツといじってきました(あんま具都合なかったのですが)。

まぁ、車をいじる事が目的ではなくて車泊の旅のための車ですから、あんまり報告する事もないんですがねww

それではちょこちょこいじった部分を紹介。




後方上部の収納、車が悪路でがたつくと勝手にパカッと扉が開くので、扉の部分にラッチを付けました。





車中泊時、後方ウインドウにシェードを取り付けていたのですが、めんどくさいので遮光カーテンにしました。



さて、プチ軽キャンパー作成時にいつかはやってやろう!と思っていた改造をしました。

構想1ヶ月…ど素人なので、一から知識を詰めないと確実に失敗しそうだったので、しかも安くもない改造ww

とりあえずネットでかき集めました。

自分で改造するにもけっこう諭吉さんが飛んで行きましたがww




はい、こちら後部の収納部分へ収めてみたところ。

おー、けっこうギリだがなんとか全部収める事ができた〜あぶね〜あぶね〜。

あ、何の改造なのかって?

それは念願のサブバッテリーを積む事です。

当初から付けたかったんだよね。


バッテリーから8sqのケーブルでアイソレータ(自走で充電するシステムを組んでいるのでアイソレータ必須)につないで、そっからディープサイクルバッテリーに接続。

サブバッテリーのディープサイクルバッテリー(通常のバッテリーでは充電時に水素が発生するので、密閉式のものを使います)からインバータにつなげば家電が使えます。




インバーターから延ばした3つ口のコンセントタップを側面に埋め込みます。

ちなみにインバーターは正弦波のものをチョイス。

矩形波のインバーターもありますが、使えない家電製品もありますのでそこは注意です。




奥にインバーターを入れたため、インバーターのスイッチON/OFFが面倒、ですので反対側の側面にはインバーター用のスイッチを取り付け。

使わなくても微弱ながら電力を消費するインバーター、開閉しなくても電源ON/OFF可能。


夏場の車中泊…暑さ対策がこれでバッチリとなりました。



そんなわけでサーキュレーターを搭載しました。

これで暑い夏の車内ともおさらばです。




コンセントタップだけでなく、2連シガーソケットも配線から分岐して取り付けました。

コンセントだけでなくソケット使うものもあると思うので。

さっそく今まで単一電池で稼働させていたランタンを点灯させてみました。




あとはちょっとしたTipsを。

ネットで調べていたら後部扉を少し開けるだけでも暑さ対策になるようです。

あまり開けると防犯上よくはないので、ちょっとだけ取り付け金具で開けておく。

さて、これでお盆の青森旅にどれだけ役立ったか……。

それはまた後ほど。

※改造は自己責任にてお願いいたします。特に電送系のサブバッテリーシステムに関して、素人仕事では危険を伴いますのでおすすめいたしません。
スポンサーサイト

がっつら乙女仕事のカーテン取り付け。

 センターカーテン取り付けました。
 横棒やロープを渡すような取り付け方法のセンターカーテンばかりの中、やっと満足のいくものをホームセンターのカー用品コーナーでゲト!!

 オイラの商用バンだと上記二つの方法だと取り付け不可だったのです……トホホ。
 くっつける場所が無い……。

 後部乗降ハンドルは無いし、あったとしてもスライドドアのど真ん中ですので取り付け場所としては不向き。
 ロープ仕様だと引っかかりの部分はドアの真上の内張りとモール部分が唯一付けられる場所……ハイルーフ仕様なので、渡すと上の部分はカバーされないのでかっこ悪い。

 今回取り付けたのは天井内張りに金具をピン留め、レールを天井のRにあわせて自分で手曲げするものです。
 これにより取り付け部分が無い車でもOK!
 運転席の真後ろに付けられ、どんな車にもピッタリです。



 こんな感じで、手曲げして自分の車の天井に合うように曲げます。
 これによりワンオフで装着可能。
 ハイルーフ車の高い天井にも適合するので、隙間無くカーテンを展開できます。




 ちなみにカーテンを展開してみました。
 セット内容にメッシュの黒いカーテンが付属で付いていますが、それだと遮光性能はまったくないので遮光カーテンに変更してあります。

 またまた¥100均一の遮光カーテン登場。
 1枚ものを半分にしてミシンがけして、2枚分とりました。
 金具だけは専用のものを使わないといけないので、付属カーテンから取り外したレール金具を遮光カーテンに移植。
 満足満足。

 とりあえず、これにて車いじりは一段落です。
 1ヶ月もの間お付き合いありがとうございました(笑)


春もうらら、もうすぐ梅雨ですね、HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

カーテン??

 さてさてオイラのプチ軽キャンパーも2度の車中泊を経験して、改善点を見直す事にしました。

 それは……カーテンが無い事!!
 
 ガビーンッ!

 そうそう大事なの忘れてたよ。
 スモークって外からの光は遮断するけど、内からの光は透過してしまうので!


 ……ということで、カーテンを取り付けましょう。

 ¥100均にてカーテンレール(3本)と遮光カーテン(Lサイズ2枚)を購入。

 どうしてレール3本に対してカーテンが2枚かと言いますと、リヤの後ろ2枚の窓はちっちゃいので1枚を半分にしてちょうどのサイズだったので。

 ほんで、ミニミニミシンで縫い縫い。

 途中でミシンの針がダメになってしまったので、半ばからは手縫いです(泣)
 ちっ、裁縫は苦手です。


 ↓完成。



 リヤと後ろの窓は遮光カーテンを装備しました。




 スライドドアの後部席の窓はリヤ用の遮光シートを半分に切り窓枠にあわせた段ボールに貼付けました。
 うん、ぴったりです。




 こっちもね。

 あとはセンターカーテンを取り付ければ完璧です。
 いろいろと見て回っているのですが、なかなかいいものに出会えません……トホホ。
 
 ま、それは追々取り付けます。



春もうらら、もうすぐ梅雨ですね、HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

目指せプチ軽キャンパー!

 今までオイラの車中泊のお供であったワゴンRでしたが、先月ご逝去(廃車)いたしました。
 次なるオイラの車は何にしようかな?と思っていろいろと車中泊に適した車を探しておりました。
 そこで頭に浮かんだのは軽キャンパー!
 しかしなかなかオイラなんかには手の出ないシロモノで、中古でも滅多に出ないものです。
 それならば………箱バンを買って軽キャンパーに作り替えてしまえばいいじゃん♪
 ……っつーことで。



 外観はまんま営業車の箱バンです(笑)
 距離数をほとんど乗っていないようなものを紹介してもらいました。

 さてさて、こっからDIYです!



 まずは営業車ですので、この内装をなんとかせねば!
 内張りをはずして、木目調にしあげます。



 木目調のパネル張りベニヤで作成。



 後ろの5面分を張り替えた所。
 うん、少しは変わったかな?
 あとは、スモーク貼りも完了しました。

 営業用の箱バンですので、とりあえず後ろはフルフラットにはなりますが、ちょっとしたデコボコなんぞもあります。
 このデコボコがあると車中泊での疲れが取れない。
 それは前の車でも実感済み(前の車はフルフラットにしても助手席がフラットにならなかったので、微妙にナナメって寝てました)



 そこで、まずは床板を作ります。
 したにはちょっとしたスペースを持たせつつ。
 


 車内にフィットするようにツライチ仕上げ!
 これでがたつきが無くなります。

 そんなこんなで今月は目一杯改造しました。
 そんで先ほどプチ軽キャンパーが完成。



 中はこんな感じです。



 収納も大事ですので、ところどころに収納スペースを作りました。



 床下収納つきです。
 ちなみに左の床もこんな感じで収納スペースがあります。
 BOXにしたのはなぜかというと、このBOXを後ろに積み上げると後部席が出るようになってます。
 簡単にしておかないと搭乗人数変更の届けとかを出さないといけなくなりますので、このカタチにしました。



 上にも収納棚を!



 これは右のサイドテーブルを出した状態。
 サイドテーブル下も収納スペース。
 ここにカメラバックなども積めます。



 こっちは左。
 普通の軽キャンパーだと、シンクなどを取り付けて下に給排水タンクを入れるのでしょうが、オイラ的にはシンクはいりません。
 だって、オイラは道の駅利用のプチ旅ぐらいですので料理はしないし。
 お湯を沸かすぐらいだったら登山用のちっこいコンロがありますから(笑)
 んで、割り切って収納スペースに!
 まぁ、シンクを取り付けたかったらあとで取り付ければいいだけです。



 左にもサイドテーブルを備え付けてあります。
 下は割り切って収納スペースに!



 意味は無いですが、両方のテーブルを出した状態(笑)



 前の車で使っていたリヤスピーカーも埋め込みました。
 デッドスペースになりがちな上部も利用。
 ここには毛布なんかもしまえます。



 リヤハッチをあけるとこんな感じになります。
 大人一人分ならゆうゆうと寝られるスペースとなりました。



 下の蓋を開けると、そこも長物が入るスペースに。
 三脚とか傘とかいろいろと入りそうです。

 見た目単なる営業箱バンですが、りっぱなプチ軽キャンパーに仕上がりました。
 こんだけやっていくら掛かったかというと総額で¥35000ぐらいです(安ッ)
 ちゃんとした軽キャンパーを買うとなると、ベース車両+70万円ぐらい。
 新車で買おうとすると200万円ぐらいですかな?
 お金がある人はどうぞ。
 お金がない人でも自分でやれば、このぐらいで済みます(笑)

 あとはポータブル電源かサブバッテリーも欲しい所ですね。←まぁ無くても全然いいんですが。
 あとはカーテンかな。
 まぁ、今月はお金がないから無理ですが(笑)
 これから長い付き合いとなる愛車ですので、じっくりといじって行きたいと思います。

 さぁ~て車も一通り改造し終わったし、あとは旅に行くだけだなぁ。
 あ、GWは忙しくて休み無いわぁ、残念。



春は花粉症の季節です、HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。