カテゴリ:旅 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012東北一周、主に青森vol.5(最終日)



お盆休みも最終日。

あ〜5日間もあったお盆休みも今日で最後かぁ〜。

しかも特に今日は何かある訳でもなく、ただ会津へ南下するだけなのになぁ〜。

そんな訳で道の駅おがちから南下です。




途中、オオタ湯で最後のひとっ風呂。

オイラの旅と温泉はセットですので、最後の最後まで温泉入るよww




山形で大好きなラーメン龍上海。




家族経営のチェーン店で何店舗か山形にあり、それぞれ独自の味を持っておりますが、この山形店の夏の季節限定メニュー冷やし辛みそらーめんが食べたくなって。

しゃきしゃきの大根がこれまたうまー。

山形店は夏に行きたいラーメン屋のひとつです。




最後の悪あがきで米沢の上杉神社へ。

だって、ちょっとでも旅気分を引き延ばしたいんだもんww




山形からの帰りは白布峠から会津への帰路。

幻の滝も見てきました。




あ〜天気いいなぁ。

これで今年の盆休みも終わった〜。

数年ぶりに東北一周できて良かった。

また当分行けないんだろうなぁ。


あ、サブバッテリーを組み込んで初の長期車中泊旅行でしたが快適でした。

青森は涼しく扇風機自体は3日間ぐらいしか稼働させませんでしたが、携帯の充電やらランタンやら不満も無く使えました。



東北一周の旅、最初から読みたい方はこっから
スポンサーサイト

2012東北一周、主に青森vol.4



旅4日目快晴!

本日は男鹿半島行ってみよう。




いきなりですが、男鹿水族館GAOです。




夏はひんやり水族館とかいいね。




シロクマは暑そうでした。




くらげゆらゆ〜ら。




秋田と言えばハバヘラアイス。

何度やってもアイスにピント合わなかったなぁ〜あいぽん(T T)




カンカネ洞も見てきた。




末廣ラーメン本舗キターッ!!!




お昼は美味しいラーメンと噂のお店にわざわざ来ました。

せっかく来たのでチャーシュー麺特盛りと焼飯1/2のセット。

見た目黒くてこってりしているように見えますが、そんなにくどすぎずなんどでもスープを飲んでしまう味わい深いスープ。

そんで美味しい…美味しい…んだけど……ボリュームありすぎて、なかなか完食できず。

ふぅ〜ようやっと完食です。


それでは本日の日帰り温泉へ向けてレッツゴー♪

テクテク車を南下させて湯沢へ。

川原毛地獄を通って行く川原毛温泉 川原毛大湯滝へ。

しかしながら………



表から行けないじゃないか!!!!!!!!

※川原毛地獄を通って(歩いて)大滝湯へ行くのが観光客的にはわかりやすい行き方。

しかもこの立て看板ではやっぱり分かりづらいわ……観光客には……三途川ってどこだよ??

オイラの他にも観光で入りにきた人も見かけましたが、おそらく断念した模様です。


とりあえず車を先へと走らせてみます。

行けども行けども三途川とやらが見えません。

15分以上車を走らせてようやく裏側へ。どうやらここらが三途川らしいです。

この後車が一台ようやく通れるような山道を登って、裏から大滝湯へいけるところへ到着。

車を駐車場へ止めていざ。




こんな道を下へ下へと下がっていきます。




じゃじゃーん!

ここが本日の温泉。

滝にしか見えませんが、温泉です。お・ん・せ・んです。

※男女問わず混浴?みたいなところですので、水着着用必須の秘湯温泉です。




滝に流れているのが、温泉の水なのです。

夏場でちょうどいいぐらいの温度ですので、もちろんその他の季節では冷たいぐらいですが。

写真左上が一番小さな滝壺。

滝の水圧で登るのも一苦労です。

真ん中の滝壺が少し深め。

右が打たせ湯みたいな滝壺でした。


ちなみに左上は登るのも大変ですし、降りるのも大変。

降りるとき水圧で押し出されて、岩場で少し擦り傷作りました(T T)

夕方の時間帯でしたので、ほとんど独り占め状態でした。




温泉を満喫した後、川原毛地獄にもちょっと寄って見ました。

やはり途中で通路が崩れていて、先には進めない状態でした。




川原毛から戻る山中から見た夕焼け。

綺麗だったなぁ。

この旅最後の車中泊は道の駅「おがち」にて。

さて明日は山形経由で帰るのみです。

2012東北一周、主に青森vol.3



青森の真ん中辺、道の駅ゆ〜さ浅虫から3日目スタート。

こっから北西へ向かうのが3日目のスケジュールです。

朝は天気良かったんだよな…朝は…。


津軽半島をどんどん北上。

目指すは竜飛崎。

それにしても3日目は雨雨雨。



竜飛崎到着!

もちろん雨です。

雨っつーか大雨です(涙)




こちら単なる国道だと思うなよ!

日本で唯一の階段国道。

もちろん車は通れません。

かなり雨脚が強かったのですが、せっかくですので階段国道を昇り降りして通ってきました。




竜飛崎の駐車場にはお土産屋さんが3軒ほど軒を連ねております。

そのうちの1つでイカとホタテ焼きを頂きました。

冷えきった身体にぽかぽかした温かさが染み渡ります。

夏だっていうのになんだこれ?


今日は非常にタイトなスケジュール。

どんどん行きましょう。

五所川原地方って言ったらしじみだろ?しじみ食いテェ。




太宰治の故郷で有名な町「金木」その金木駅の2階にある「ぽっぽ家」さん。

ここになにがあるかといいますと……




しじみラーメン。

塩味のスープなんですが、塩というよりも磯の香りな旨しラーメンでした。

たんなる塩ラーメンよりも旨味がだいぶ出てるなぁ。



ここから進路は西へ。

青森の左端に今回のメイン不老ふ死温泉が待っている。

いやぁ〜それにしても朝から降り止まぬどしゃ降りの雨…このままだとどしゃ降りで露天風呂か?


西へ行けば行く程雨脚が強くなり、もう豪雨(涙)

涙で……あ、雨で前が見えません(あまりにも雨強くて事故るよ)

まじで雨すごかった。




そんな雨も千畳敷に着く頃には、さっきの豪雨はなんだったの?という感じで雨がピタッと止んでおりました。

なんだったん?あれ?




今日一日雨を降らせていた雲は奥へと遠のいて行きました。




不老ふ死温泉着いた時には晴れwww




あの海沿いにあるのが混浴露天風呂(右は女性専用)

入湯料を支払い紙バンドみたいなのを手首に巻かれ、いざ!

もちろんのことですが、露天風呂内はカメラやカメラ付き携帯電話は持ち込んでの撮影禁止です。

ですが……中にはマナーの悪いやつはいるもので盗撮目的でなくて記念なんでしょうが、携帯で撮影してる輩もいました(若い衆ですが)

気持ちはわからんでもないが、やっぱマナーは守ろう。

それと温泉の湯船に手ぬぐいいれるアホ(これも若い衆)温泉の最低限マナーぐらいは守れ。


ま、そんなこんなもありますが、晴れ間にあこがれの不老ふ死温泉入る事が出来て感無量です。

ちなみに今日スケジュールが押していたのはなぜかといいますと、この温泉日帰り入浴客は午後4時までしか入れないんです。

海に沈む夕日を見れるのは泊まり客のみ。

ひょうたん型の浴槽に茶褐色の鉄分多めの温泉(お湯というよりも海水が暖められている感じのお湯)

目の前すぐが海で絶景絶景。

気持ちよかったです。




宿泊していなくても軽食コーナーで食事を頂けます。

人気の名物料理さざえ丼を頂きました。

甘しょっぱく煮しめられてうまうま。

いやぁ〜青森県満喫した。

今日はこのまま南下して秋田県入りしておかないと。

南下南下♪

あ、また雨降ってきた。

不老ふ死温泉に入っていた時だけ奇跡的に雨やんでてくれたんだ、神様ありがとうございます。




そして本日3日目の宿営地は道の駅みねはま。

駐車場はだだっぴろいが、その分泊まる車が少ないってのがちょっと怖い。

次の4日目からは帰り支度のコースです。

しかし秋田も楽しみながら帰りますよっと!

次回は秋田編。

実は秋田も入りたい秘湯の温泉があるのです。

2012東北一周、主に青森vol.2

旅も2日目ですよっと。



道の駅みさわから本日スタート。

下北半島まわります。

でもぐるーっと全部まわるのは大変なの知ってますので、尻屋崎の方は今回はパスです。





だってそっち方面は寒立馬と灯台しかないもの↑この写真は前に旅した時のものです。

今回は道の駅からぐぅ〜っとあがって、直で恐山を目指します。




恐山へ向かう途中にある恐山清水。

ひんやりとした清水がとくとくと流れています。

この美味しい水を皆ペットボトルとかに汲んで行きます。

もちろんオイラも汲まさせて頂きました。




風車カラカラ恐山。




恐山で一番最初に見かけるのがこの三途の川ですね。




入山料をお支払いして、いざ恐山。




どど〜んと恐山山門。

なんか前に来た時よりも恐山が地味だなぁ〜と感じていましたが、ここでようやく自分の中の違和感に思い当たりました。




↑6年前に来た時はたまたま恐山の例大祭だったということを(その時の写真)

だからあの時は異様に活気があったわけだ。




蒼い湖面の賽の河原。




実は恐山の中には温泉がありまして……前に来た時は参拝客でごった返し状態でしたので温泉入るの遠慮しました。

今回は入ってみよう。

写真右にあるちっさな小屋がその温泉(男湯)

写真に映っていないんですが、左奥にも男湯と女湯があります。

そっちの方が目立たなくていいかも。




白濁して少しの粘性があるお湯。

外から覗かれるのでよっぽどの猛者(もさ)じゃないと入られないなww

ちなみにオイラも入浴中におっさんに覗かれましたww

「お湯どう?」「いや、ちょうどいいぐらいっすww」

ちなみに入湯料金はかかりません。

入山料金に含まれているようです。

記念に入ってみたいという方は勇気を持ってお入り下さい。

旅の思い出のひとつぐらいにはなります。


恐山を後にし、次なるは奥薬研へ。



また温泉か〜ww

奥薬研にある混浴温泉かっぱの湯。

ちなみに無料。

透明度の高いさらりとした青いお湯が気持ちいい。

混浴ではあるものの時間帯で女性専用の温泉にもなります。

夏場はブヨがうようよ飛んでいるので、ブヨとの戦いをしながらの入湯です。

混浴温泉でしたが、あいにくとおっさんやおじいちゃんばかりでしたwww

さて、下北半島の奥から西へ向かいます。

がたがたした林道をひた走り下北半島の西側へ。

さらにそこから北上。

やはり本州最北端の地は見ないとね。


……と、その前に腹ごしらえ。

人気店まぐろの長宝丸さんへ。

やはり人気店。

席に座っても1時間待ちという繁盛ぶり。




大間と言えばやっぱりマグロ。

まぐろづくし丼¥3000を頂きました。

やっぱり旨い!だけどちょっとこぶりだな。

オイラには少し物足りない。

まぁ、観光地の人気店だったらこんなもんなんだろうなぁ普通は。

この前のGWで伺った銚子の久六さんのきんめ鯛漬け丼がおかしいだけなぁ(おかしいというよりかは良心的ってことか?ww)

そんな事をぼんやり思い出したりしました。

お腹も満たされたし、いざ最北端。




大間崎って言ったらやっぱりこれな!




そんでこれが最北端の碑。

どうやら大間崎にはライブカメラがあるらしく、友人にライブカメラで生存確認されたり、無茶なミッションを出されたりしましたww

っつーか一人旅なのに無茶なミッション(内容は恥ずかしいので秘密です)出すのやめれwww


大間を満喫した後今度は南下します。

なぜか?って。

今度はここ↓へ行くためです。



遠くに見えるは奇岩そびえる仏ヶ浦。

あの地へ降り立つにはけっこう下るんだよね……徒歩で。




そんなわけで上の駐車場に車を停めて降りて行きます。

前に来た時は下まで延々続くような感じで、「どこまで続くんだよ!これ、延々降りるの?」って思っていた気がしたのですが……。

人の記憶はどんどん変わって行くようで、今回は「あれ?こんな短い階段だったっけ?」と拍子抜けする有様でした。




お久しぶりな仏ヶ浦。





本日の日帰り温泉はスパウッド観光ホテル。

露天と内湯が充実した温泉でした。





スパウッド内にある軽食コーナーで本日のお夕飯そば。

こういう所で出る食事は味に突出したものはないものの、無難な味になっているので安心です。

さて、本日は明日のスケジュールの為に道の駅ゆ〜さ浅虫温泉まで行かねばなりません。

このあとどんどん南下して浅虫温泉へたどりつきました。

道の駅ゆ〜さ浅虫は青森で車泊する人にも人気の場所で駐車スペースも満車になるぐらいの勢いです。

ちょうどオイラが行った時期は浅虫温泉の温泉施設の工事中でした…残念。

次回は竜飛崎からの念願であった不老ふ死黄金温泉です。

2012東北一周、主に青森vol.1

もう秋……とは言えどもまだまだ残暑厳しい毎日。

みなさんご機嫌いかがですか?

さてさてそろそろ今年のお盆休みの旅日記でも。




早朝のあ・ら・伊達な道の駅からおはようございます。

仙台の道の駅まで先日の夜にとことこ下道ひた走り到着して車中泊。

今年は久しぶりに青森をぐるっとまわろうかと。

…というか6年前に東北一周回った時にいけなかった黄金不老ふ死温泉の露天風呂に入りたいってのがこの旅のメインですww

青森へ向かうには岩手を通過せねばなりません。

道の駅からそのまま北上して一関を通過、一路盛岡へ。



岩手に行ったらこの「ぴょんぴょん舎」に寄りたかったんだよね。




普通の冷麺も捨てがたかったのですが、この季節限定の桑の葉冷麺が気になりチョイス。

美味しかったです。

オープンしてすぐぐらいの時間帯だったのですが、やはり人気店らしくすぐに駐車場が満員な勢いのお店でした。

あ〜やっぱ本場は美味しいな。


さて、次は北東へ車を走らせます。

車を走らせる事数時間。

着いた先はこちら。



龍泉洞。

前に東北一周で断念した場所。

今回はたっぷり見学します。




洞内ひんやり。

やはり外とは気温がだいぶ違います。




龍泉洞と言ったら透明度の高い水。

あ…蒼い。




どこまでも蒼い水です。




洞内を出てブルーベリーとソフトのミックスソフトクリームもぐもぐ。

やっぱ外は暑いな〜。

龍泉洞を出てさらに北東へ。

ぐんぐん北上して本日は青森入りを果たすのが目的です。




八戸にある八色センター内の回転寿しへいざ!




お皿の値段も相当なものですが、味も格段に美味しい。(伊豆の旅行の回転寿しも美味しかったのを思い出したわ。)

ひとりで10皿程度でしたが、あやうく4000円超えるお値段になるところでした(汗)




本日の日帰り入浴はあおば温泉。




やっぱ風呂あがりはコーヒー牛乳だべした。

さて、本日の宿営先は道の駅みさわ。

明日は下北半島です。
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。