2013年05月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013GW蓼科山

はいはい、GW後半戦の記事いきますね。

仕事終わりの2日、そのまま旅立ちました。

道の駅みょうぎを目指して車を走らせる。

深夜12時道の駅みょうぎ到着。

そのまま車中泊1泊目です。

翌朝6時、目指す目的地へ。




朝も9時前だっていうのにすでに駐車場いっぱい。

ここは蓼科山の登山口にある駐車場です。

登山シーズンになると簡易トイレもせっちされます。

そう、蓼科山…いわゆる長野県です。

今年のGW後半は長野で登山三昧にしようかと。





それでは蓼科登山開始です。




5月ですが霜が降りてます。




すっきりと晴れた空。

遠征登山なのでお天気がいいのは助かるな。




まだ残雪残る蓼科山ですから、空気もひんやり。




ここで軽アイゼンを装着。

初アイゼンです。

この蓼科山登山の為に買いました。




後ろを振り返ると眼下に広がる絶景。

気持ちいいなぁ。




もうそろそろ森林限界が近い。




最後にこの鎖場を登りきれば頂上。




登山開始から2時間30分でようやく頂上が見えて来た。




登頂完了。




山頂にあるお社にもお参り。




山頂での恒例、山でご飯。

本日はみんな大好きマルタイ棒ラーメン。

乾燥ネギをたっぷり入れて、辛味にコチュジャンを入れて頂きます。


ひととおり山頂で景色を楽しんだ後下山です。

登山口に車を置いてあるのでピストン登山です。

下山ももちろん軽アイゼン必須。

急登なのでアイゼンないと滑り落ちてしまう。




下山後は蓼科共同浴場にて温泉。

やっぱり下山後の温泉気持ちいいです。




夕飯は来てみたかった利休庵さんへ。

どうして来てみたかったのかというと、これが気になった↓↓↓↓↓↓↓




どどーんと天高くそびえるかきあげ!!

かきあげ天ざるそば!!!!!!

かなりのボリュームです。

値段に比べてコストパフォーマンスが高い一品です。

ごちそうさまでした。




昨夜は道の駅みょうぎで車中泊でしたが、本日は道の駅マルメロの里ながとです。

明日は霧ヶ峰でゆるハイクです。

GW後半2日目はどんな登山になりますでしょうか。
スポンサーサイト

大仏山山開き203



一晩を過ごした秋山浜。

早起きしました。




さっさとねぐらを撤収。

ザックひとつに衣食住が収まるなんて不思議な気分です。


猪苗代湖の南端から北上して喜多方へ。





久しぶりに喜一の朝ラー。

7時ちょっとに行ったのに店内は既に満員、しかも店外にも行列という人気店です。

ここは塩ラーメンがおいしいのですが、今回は醤油で。



朝も早くから行動を開始したのには訳がありまして。




本日(4/29祝)は喜多方の大仏山山開きです。

早朝からたくさんの人が岩月交遊館に集まってました。




さて、それでは大仏山登山へ出発。

山開きは人が多くて苦手な登山者もいるのですが、オイラは別に気にしない。

登山渋滞も気にしません。

マイペースで登ります。




うん、天気もいいし登山日和だ。

↑先週は鳥屋山登山は季節外れの雪の為断念だった。




大仏山の案内板。




カタクリが咲いておりました。




高い山ではないのでゆるゆるハイク。




大仏山登頂。

大仏山というだけあって山頂には大仏様が御鎮座されておりました。




ショウジョウバカマも咲いてます。




朝ラーしてきたので、あまりお腹もすかずじまいで山ご飯しなkったのですが、下山後の岩月交遊館にて蕎麦が食べられるということでお蕎麦いただきました。




山開きのイベントだとバッジがもらえたり、抽選で景品がもらえたりなどあるのです。

前回の高取山では抽選にはずれて何も頂けず、しかしながら大仏山の山開きははずれ無しで全員に何かしらの物がいただけました。

オイラは喜多方ラーメン。

ありがたや。




山開きの特典、温泉の割引券で蔵の湯。

今現在は温泉ではなく沸かし湯ということで格安で入れました。

あ〜やっぱり下山後のひとっ風呂は格別だ。

猪苗代湖の秋山浜でキャンプ

今年のGW皆さんいかがおすごしでしたか?

いつものオイラならGWといえば、どっかにビューンとすっ飛んで行くのですが、今年はGW前半戦は近場ですごしておりました。

ま、近場と言えどもアウトドアしてたのですが。


さて、今年は日帰り登山からレベルアップしてテン泊したいなぁと思い、すでに山用のテントを購入してありました。

さすがにいきなり現地で建てるというのは無謀。

なので、テントを建てる練習をしておかないと。

近場で無料のキャンプ場、猪苗代湖があるのでそこでテント張り練習をば!


そんなわけで…



秋山浜でテント張るぞ!




ニーモイクイップメントのタニ2P2013年モデルです。

道具はこれだけ。

ちっさ。




まずはグランドシートを敷いて。




次にインナーテントを広げる。




ポールを組み立ててインナーテントをつり下げる。




最後にフライシートをかけて出来上がり。

文章だとパパッと5分ぐらいでおしまいなんですが、実はえらい苦労して建てました(笑)

インナーテント広げたあとにペグを打つんですが、最後の1本の場所がコンクリでも敷いてあるかのような感じで、ぜんぜん打ち込めず位置取りし直し。

2度目にトライした時は、風が強すぎてテントの入り口の配置を間違えていて、再び建て直しで最後の写真が3度目の正直です(笑)




青い空と蒼い湖、広がる砂浜…とくれば…




ぷはぁ〜っ、やっぱりビールがうまいね(笑)




その後は酒のつまみにエビ焼いたりソーセージ焼いたり、ラーメン煮たりしながら、1人キャンプをエンジョイしておりました。




あ、食もすすめばお酒もすすむってね♪

次の日はここからお山へと出撃するのであります。

高寺山の山開き2013

さて会津地方もようやく春の兆しが訪れてきましたよ(4月吉日)

会津地方でもっとも早い山開きが行われる会津坂下町の高寺山の山開きに友人と行ってきました。

今年の山登り初めです。



山開きということでけっこう人も集まってます。




ところどころ残雪が残る登山道。

ひんやりとした空気が心地いい。




低山ハイクで余裕がある友人Y。




はい、ここ頂上。

約400mですからね、1時間ちょっとぐらいで登れます。




ショウジョウバカマが咲いてます。




下山後クジラ汁の振る舞い。

Y君の知り合いからおにぎりも頂いてお腹におさめました。




山開きイベンントで糸桜里の湯の割引券を頂いたので、下山後にひとっ風呂あびて帰りました。

下山後の温泉はいいね。

さて、これからだんだんと登山シーズン突入。

今年は春先からいろいろな山へ行きたいな。

RICOH GX100のCCDにゴミが…



あれ?コンデジのリコーGX100のCCDにゴミが…。

フィルムカメラばかりでコンデジ使ってなかったからなぁ。

普通ならここで、CCDのゴミ取りでメーカーへ送るのですが、そんなんめんどくさい(笑)

自分で分解してみましょう。

どうせ型落ち品なんて修理にだすより買った方が安いぐらいですから(しかももっと新しいのが買えたりするし)




ま、そんな訳でいろんなネジをはずし分解分解。

左上のちっちゃな四角いのがCCDです。

ゴミをブロアーで吹き飛ばし、組み立て組み立て。

組み立ての課程でフラッシュの配線ぶっちぎったわ。

まぁ、フラッシュ撮影なんてしないから無問題。




CCDのゴミ取り終わった後の画像。

ん、こんなもんだろ。

プロジェクションマッピングはるか

いつもながらのブログ放置状態。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

お変わりございませんでしょうか。

放置の間なにもなかったのかというと、そうでもなくそこそこイベントがあったりして楽しんでおりました。




ででーんと鶴ヶ城。




そんな鶴ヶ城に珍しく行列。

そう、これは鶴ヶ城で行われたプロジェクションマッピングの時の様子。


昼過ぎまでぼやぼや過ごしていたオイラ。

その日プロジェクションマッピングはるかが行われる日でした。

夕方のんびりといっても入れるべ。

と思っていたのですが、友人の「整理券ないと駄目みたいだよ。今並んでる。」とのことで、急遽着替えてお城へ。

そんな一枚。

かなり並んでます。




無事に整理券ゲット!

夕方までぶらぶらしてまたお城で友人達と合流。




ゆるキャラ八重たんもおりました。




そして始まるブロジェクションマッピング。

写真撮ったりするよりも目に焼き付ける方がいいね。

こういう催しは。

初めての事だったためなのか、主催者側のいろいろな不手際(説明不足、連絡不足)などが多々あり、見られなかった人たちも多数。

実際会場に行ったオイラ達も説明や誘導に戸惑いました。

やっぱりこういうのは最初の段取り悪いと駄目だよね。

ま、初の試み?(昨年似たような事やってましたが)なのでこれからの課題でしょう。
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。