スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ主義



 これなーんだ!?



 「BUNKO CAFE」ブランドの木箱です(笑)
 もっと違う角度で見てみると……。



 取っ手が付いてますね。
 開けてみましょう……。



 パカッと開けると中には水彩道具が。
 そーなんです!これは小学生の頃、使っていらっしゃった方もいらっしゃるかと思いますが、絵の道具を入れて持ち運べる水彩道具入れです。
 オイラの時代はもっと後でしたので、こういうレトロなものでは無かったです。
 肩掛け出来る青色の水彩道具入れでした。



 昔懐かしいブリキのパレットもセットで頂きました。
 箱には「ベニスパレット 硬質メラミン皮膜製品」と記されているパレットです。

 この道具入れは先月末に坂本分校のまるちゃんにいただきました。
 須賀川で買ってきたものらしいです。

 オイラは水彩絵の具を2種類持っているのですが、1つは「ウインザー&ニュートン」のメタルボックスケース。
 もう1つは「ホルベイン」の水彩絵の具。
 「ウインザー&ニュートン」は固形水彩でケースが付いているので持ち運びに問題は無いのですが、チューブタイプの「ホルベイン」の方は今までたんなる書類ケースに入れていました(ダサイ)
 今回これを頂いたので「ホルベイン」の水彩絵の具を入れようかと……。

 頂いた時は塗装皮膜のニスも経年劣化(黄色く変色)し、古道具屋の方が修復されたとおもわれますが蓋も浮いている状態(隙間があり過ぎてダメダメ)でした。
 それはそれで味があったのですが、ちょっと実用で使うには………という状態でしたので、数日かけて修復しました。
 
 まずは適当に修復されていた蓋の部分をバラバラに分解し、次に劣化していたニスをヤスリで全て剥がしました。
 接着面のボンドもこそぎ取り電動サンダー(電動ヤスリ)でフラットにしていきます。
 それを全てきっちりと組み直して全体をまたヤスリがけします。
 あとは徐々に目のおおきな荒目の紙ヤスリから細かい目の細めの紙ヤスリがけ……この辺は手作業でこつこつと……。

 全体が整ったら、表面をコーティングするニスを塗ります。
 当初は着色ニスを塗る予定でしたが、なんだか木肌の色そのものの方が素敵だったので、透明ニスで仕上げる事にしました。

 ニスも1度かけて乾かしてから360番ぐらいの紙ヤスリを一度かけてムラを無くします。
 仕上げにもう一度ニスでコーティング。

 ………で完成なんですが……、やっぱりオイラオリジナルにしたいのでここで一工夫。
 中身を仕切ってある木枠があるのですが、使いやすい様に改良。
 剥がして、追加して金具を取り付けして自分の道具を使いやすい様に改造しました。

 ここからがセンスの問われる所、表から見たら装飾もなにもない単なる取っ手付きの木箱ですので、「坂本ブランド」仕様にしました。
 まるちゃんから「BUNKO CAFE」で使った消しゴム判子を借りてきて、表面と中面にペタッと印を押しました。
 これだけでは印の部分が剥がれる恐れがあるので、再度ニスでコーティング。
 これにて「分校ブランド」のオリジナル水彩道具入れが完成!
 レトロな水彩道具入れです。
 今の時代こんなもの喜んで持つ人もオイラぐらいか(笑)



 ティッシュを入れているスペースには「分校のイラスト判子」が押してあります。←強く押し過ぎた為か少しつぶれ気味(悲)



 パレットの表面は深緑色です。



 持ち運んでいる時に絵の具がバラバラになってしまうので、ゴムで止める。
 ↑案はまるちゃん
 即採用です(笑)



 こういう取っ手の部分もレトロな味わいですねぇ。

 手間暇かければ昔のものも立派に再生です。
 エロではなくエコですねぇ(笑)


ここ会津の地でも桜が咲き始めましたね、HPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!


スポンサーサイト

COMMENT

>オリオリさんへ

絵の具は3色あれば、どんな色にもなりますね。
本来はシンプルなものなんです。
でもおっくうな大人ですから色を混ぜるのが面倒な感じですかねぇ。
オイラは24色セットを持ってますが、もっと色数の多いセットもあります。

なにかを描きたい衝動……わかるわかるオイラもここんとこ描いてない(悲)
いろいろとあるんです。
いろいろとね……??

2008.04.24| URL| tom #ZkA5QkNQ [編集]

いいなぁ なんだかレトロなもの。

小学生の頃使っていた、木琴とかハーモニカのケースがすきだったなぁ。
絵の具のケースは覚えていないけれど
24色の絵具を持っている子はお金持ちだった。
親がどんな色でも混ぜれば作れると言ってたけど
ほんとだなぁとしみじみ思います。

最近何かを描きたい衝動が自分の中にあるのだけれど
どの画材で何を描きたいのかがわからず・・・悶々としてます。

何となくクロッキーかなぁ。5分くらいでさらさら描きたい。

2008.04.23| URL| オリオリ #ZV/MmCJk [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。