スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植田正治写真展



先週の事ですが、東京からの巡回展で郡山へ来ている「植田正治写真展」に行ってみた。

仙台お散歩カメラオフ会を開催しようって話はあるのですが、オフ会開催されるかは未定ですので、その前にフライングで見に行ってみようと。




入場料は常設展と特別展あわせて¥500というリーズナブルさ。

いやぁ~良かったです。

土門拳さんのような重厚で静寂を感じさせるようなモノクロではなく、余白を多く取ったシンプルな構図、家族を撮った写真は愛を感じました。

モノクロって重厚さを感じやすいのですが、そんなことはなく優しさいっぱいの写真展でした。

ただ、個人的に言えばモノクロは光沢紙でなくてつやなしの絹目や、モノクロベースの印画紙(月光とか)がいいんじゃないかと思います。(一部展示が光沢紙でした)そして展示のマットの角度が一律でなかったのが気になりました。




帰りは夕日が綺麗でしたので、猪苗代のしぶき氷を再度見に。
かまくらができてました。



しぶき氷はその成長過程からだんだんと形を変えて行きます。
この写真はだんご氷。



こんな感じでまるい氷が浮いています。




綺麗な夕日。




しぶき氷にはこの前のような透明感はすでになく、だんだんと汚れが目立ってきました。




透明な氷を見る時期は短くて、だんだんと白濁してきています。

しぶき氷のスポットへは、いろんな人が歩いて道が出来ています。

歩くのには適してますが、やっぱり写真で撮るには人が入る前に撮るのが良い写真が撮れる気がします。




撮影の合間にもパキパキと音を立ててくずれるしぶき氷。






夕日の色が反射する猪苗代湖は綺麗でした。




はす氷も見えます。

今年はピークをすぎましたね。

きれいなしぶき氷に出会えるのはまた来年。

綺麗な氷を見たい方は、はやめはやめで見に行くのをおすすめします。



緑眩しい新緑の季節ですねHPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。