スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon LC-Aとして復活!!

さてLOMO LC-Aレンズをデジタル改造し終えたのですが……。

やっぱりLOMOらしく周辺光量落ちが欲しいかなぁ。

でもデジイチに装着するとレンズのボケは出てても周辺光量は落ちないし……(APS-Cサイズのセンサーだからか?)しかし、フィルム一眼に装着するとフランジバックの関係からミラーにあたるし……どうしよ?

LOMO LC-Aレンズは利用出来るようになってるし、ここで諦めても別に良いんですが……でも、ここで諦めないのがオイラらしいのか……。

ずぅ~っと考えていて、また笑いの神が舞い降りて来ました!!

LOMO LC-Aってもともとレンジファインダーカメラだってことを!!

一眼レフにこだわらなくていいんじゃない??

素直に原点に戻って考えてみる事を!

そしたらすんなりと解決の糸口が、み・え・た…ような気がしますww。

一眼でなくレンジファインダーとしての再生…それこそが、本当の復活かも?

うまく行くかどうかは定かではありませんが、人生try & errorです!

論理的には上手く行く予感……ですが、LOMOの周辺光量落ちは、ある程度偶然の産物ですのでねぇ。

レンズをフィルム一眼に組み込むのはフランジバックの関係上(ミラーアップの際にレンズとミラーがあたる)不可能と思われたのですが、そこは発想の転換!

“最初からミラーアップしたところにレンズを装着する”ってどうよ?

もともとLC-Aはレンジファインダー機ですので、外付けファインダーにすれば装着の問題はクリアできるのでは?

やっぱりフィルムは写るかどうかドキドキ感があっていいですね。

というよりも冷や汗感が高かったですが。

フィルムを詰めて向かった先は雄国沼。

オイラ今まで行った事無かったものでww

雄国沼の木道だけでは飽き足らず、せせらぎ遊歩道(約3.3km)も往復トレッキングしてきました。


さて、試写の結果はというと……。














もともと偶然の産物であるLC-Aの周辺光量落ちではあるのですが、あまり出てなかったですね。

フィルム1本で1~2枚出ればいいほうかなぁ?

昔のLC-Aの時は9割ぐらい周辺光量落ちでてたのですがねぇ……ま、贅沢言っちゃしょうがない。




そんなわけでオイラのLC-Aはこんな形になりました!

Canon LC-A(笑)形は違えどれっきとしたLC-Aですww

経験上、絞りとシャッタースピードの関係で周辺光量落ちが出るか出ないかが分かれるようですので、これからもっと煮詰めていかなきゃ。

今回はネットの情報で「絞り開放気味」「アンダー気味」を意識してみたのですが、絞ってアンダー気味に撮った方が、周辺光量が落ちてLC-Aっぽい写真に近いような気がしました。

そんな訳でまたもや変なレンズが出来上がったしだいです(笑)


過去のレンズ改造

スメハチレンズ改造

引き伸ばしレンズ改造
スポンサーサイト

COMMENT

はじめまして

過去記事へ書き込み失礼します。
LC-Aのデジタル改造を調べてたどり着きました。とても参考になりました。今度やってみようと思います。
あと、LC-Aはレンジファインダー機ではないですね。

2012.01.08| URL| yuki #3v9IlUEY [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。