スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山に行って友人を作る

先日の那須岳登山は強風のため断念。

せっかくの秋登山日和なのになぁ…。

と、鬱々しててもあれなので、またもや磐梯山へ登る事にしました。

1時間ちょっとで気軽に登りにいける山それが磐梯山。




数年前は猪苗代の方から登り、前回は八方台の登山口からの登頂だったので、今回は裏磐梯スキー場の登山口から登ってみます。

スキー場の方から斜面を登っていきます。




もうススキの背丈も高いです。




スキー場の上から振り返るとこんな景色が見えます。





歩き続けると銅沼に。

水量少ないですね。




もくもくと木々が生い茂る登山道を登ります。

八方台よりも少しだけ急かな?




ここで分岐。

だけど…たぶん、裏磐梯から登るルートをすでに間違っている気がする。

このルートだとそのまま八方台からのルートに合流なんだよね、裏磐梯ルートと少し違う。

ま、銅沼こえたあたりで気付ってことですけど(笑)

しかし、この間違えをしたことでこの後意外な展開になるとはこの時は露とも思わなかったのです。


八方台方面から登ると気軽に登れるルートだからか、登山客がたくさん登ってきます。

そのため登山ルートで混雑することが多々あるようです。

早朝登って下りの人がいたりグループの登りの方々がいたりで、なかなか自分のペースで登れない。

そんで、降りる人や登る人を待つ間の渋滞ってのが出来たりする。

前回の登山の時も体験しましたが、今回も同様に下りの人を待つパターンに。

そんな時は前後の人とおしゃべりになったりするのが登山ならではの現象になったりします。

なんとなくの挨拶から始まる談笑。

おいらも渋滞の列に並ぶ前の人とおしゃべり。

すると、観光登山の多い八方台にもかかわらず地元の人ではないですか!

年齢も近くいろいろと話も弾んで一緒に山登りというくだりに(笑)




今回の山でお昼ご飯。

あ、食いかけですいません。

今回はどんべぇのリフィル包装のものを持っていき、ぐつぐつと3分少々煮込んで出来上がりです。

ごみは少ない方がいいですね。







前に登った時はガスがすごくて、視界が悪く見晴せない感じでしたが、今回は快晴。

途中で友人となったY君と頂上でメアドと電話番号交換しました(笑)




そんなY君。

まさか山で友人を作るとは思っていなかったのでビックリです。

Y君はおいら分岐で来たルートとは別方向だったので分岐点でお別れしました。




登山のあとはやっぱり温泉。

久しぶりに香の湯さんへ。

露天風呂サイコー。

登山の疲れもとれます。

そんな訳で那須岳登山の不満も磐梯山で解消してきました。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。