スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔月窯さんで手びねり陶芸体験

11月某日、仲のいい友人達と会津本郷焼陶芸体験へ行ってきました。

皆で会津美里町インフォメーションセンターに集合して、まずは手びねり体験ができる酔月窯さんへ




小雨そぼ降る中で少し冷え込んだ、そんな日。








酔月窯さんには手びねり体験ができるように、すでに人数分準備されておりました。







店主の方に粘土の扱い方の説明を受けて、さっそく制作開始。




添え木を添えて粘土を延ばしていきます。

500gの粘土を使い2点までの作品を作成できるコースです。




みんな真剣に作っています。

やはり実用的な物の方がいいかなぁってことで、オイラは平皿。

午後はろくろ体験というスケジュールだったので、酔月窯さんの手びねり体験では皿を作る人の方が多かったかな。




形を作ったら次は絵付け。

手前から青、赤、黒(茶色ですが焼き上がりは黒になるようです)の柚薬。

その他に全体的に焦げ茶色に着色する飴釉(あめゆ)も選べます。












みんな絵付けは悩んでいたようです。

そんなオイラは悩まずにさらっと金魚を絵付け。




あ、オイラは今回ふちを立ち上げたさんま皿(なんだこれ?)と醤油小鉢。

いや、最近さんまが食卓に上るのが多かったので。

なんで金魚なんだろ?そこはなんとなくのインスピレーションです(笑)

せっかくですので、小さな固まりで小鉢をつくりました。

9時30分頃から始まった手びねり体験もだいたい午前11時頃には終了。

思っていたよりもさくさくと終わり。

お昼を食べて午後のろくろ体験へと参りましょう。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。