スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志の高いガラス彫刻作家

 この前喜多方にあるギャラリーきりんに打ち合わせに行った際に「帰りに是非寄って行きなさい」と言われた「ガラス彫刻工房ぽぽんた」
 “サンドブラスト”という手法でガラスに文字や絵を描く工房です。
 お若いのに自分で工房を構え、1人でお仕事してらっしゃいます。
 ちょとだけ寄って帰ろうかと思っていたのですが、思いのほか工房の主人「佐藤さん(♂)」とお話が盛り上がりいろいろとお話しさせて頂きました。

 ↓こういうものを作っておられます。
  あっ、ガラス越しにカメラ構えてるオイラ写ってるけど気にしないで(笑)


 “サンドブラスト”という聞き慣れない言葉が出てきましたが、“アルミナ”と呼ばれる白い粉(研磨剤)をマスキングしたガラスの表面に吹き付ける加工法のことです。
 コンプレッサーから圧縮した空気とともに勢い良く吹きかけるので、ガラスの表面が削れて絵や文字を彫刻することができます。
 勢い良く吹き付ける作業のため粉が舞いますので、“サンドブラスター”という作業箱の中で加工します。

 ↓この箱が“サンドブラスター”…ってなんだかSF映画に出てくる秘密兵器の様な名前です(*'-'*)
  左の扉からガラスの器などを入れ、下に2つある黒い穴に両手を突っ込み、覗き窓から覗きながら作業をします。
 お忙しい中、作業風景を見させて頂きました。


 お仕事中の佐藤さんのバックショットです。
 これはガラスに穴をあけている作業。
 ガラスキャンドルを作る為に穴を開けています。
 ガラスの厚みが3mm程度なので少しずつしか削れないそうです。
 細やかな作業です。


 そんな感じで出来上がった作品達が飾ってあります。
  今までの伝統を受け継いだ「会津型」が商品として並べられています。


  「器というものは本来中に入れるものがあって初めて“器”なんです。」
 「器だけが目立ってはいけない、トータルでの美しさが大事です」と優しい口調とはうらはらに熱いものを感じました。


 商品で製作している「会津型」とは別に作品として「諸先生方がやらない事、誰もやらないような手法で自分なりの作品を作りたい」とおっしゃってました。
 「日々試行錯誤の毎日」志の高い意欲溢れる若い人ですから、このようにすばらしい作品が出来るのですネ。

 とまぁ…そんな訳で、楽しい時間を過ごしてきました。

 「ガラス彫刻工房ぽぽんた」では“会津型彫刻体験”(¥2100~ガラス代込み)+名前入れ(別途¥300)が体験できます。

 その他にも“趣味講習コース”入会金¥2000材料費として(マスキングシート、ガムテープ、カッター替刃)★専用カッターはプレゼント!★
 チケット¥9450(5回分1綴り、発行日から1年間有効)※ガラス等持ち込みOK!

 今度オイラも体験してきたいとおもってます(^-^)/

 「ガラス彫刻工房ぽぽんた」
 営業日:毎週月~金 am10:00~
 場 所:〒966-0817 福島県喜多方市三丁目4860(しもなん有料駐車場向い)
 電 話:0241-24-2290
 
 佐藤さんのブログをリンクに追加しました。
 ガラス彫刻作家としての試行錯誤が語られています。
 よろしかったらどうぞ。


もうすぐ春ですねHPの方で会津の四季を感じて下さい(・ω・)ノ


本を読みたい方は…Amazonからどうぞ(^ _ ^)


あなたも始めませんか…【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。